CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
HENRY DARGER'S ROOM
HENRY DARGER'S ROOM (JUGEMレビュー »)
小出 由紀子,都築 響一
RECOMMEND
デッサンと肖像
デッサンと肖像 (JUGEMレビュー »)
デリダ,アルトー,ポール・テヴナン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夢の書―わが教育
夢の書―わが教育 (JUGEMレビュー »)
ウィリアム・バロウズ,William Burroughs,山形 浩生
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ニコニコ動画のマイリスト
Twitter
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
現代文学

現代文学の翻訳書を段ボール5箱分、福岡のお客様よりお売りいただきました。ウィリアム・バロウズ、ドナルド・バーセルミ、ポール・ボウルズ、キャシー・アッカー、サミュエル・ベケットなど、アバンギャルドな小説がたくさんあります。アートブックのストックをある程度出し終わったら、後々サイトに出したいと思います。前に別のお客様から買取した「紙葉の家」も合わせて出したいところ。「紙葉の家」「重力の虹」「フィネガンズ・ウェイク」あたりは、文学好きを自称するなら、一度は挑戦すべき大作だと聞きますが、まだまだ知力・体力・忍耐力が不足のため、入り口で躊躇しているところです。


重力の虹〈1〉 (文学の冒険シリーズ) 重力の虹〈1〉 (文学の冒険シリーズ)
Thomas Pynchon

国書刊行会 1993-03
売り上げランキング : 27438

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

紙葉の家 紙葉の家

ソニーマガジンズ 2002-12
売り上げランキング : 224103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フィネガンズ・ウェイク 1 (河出文庫) フィネガンズ・ウェイク 1 (河出文庫)
柳瀬 尚紀

河出書房新社 2004-01-07
売り上げランキング : 99014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そういえば最近、店のお客様と、中国のカフカと呼ばれる作家「残雪」という作家の話で盛り上がりました。中国では国民的な作家として知られていますが、日本ではほとんど知られていないカルト作家です。読んでいる人にはほとんど出会ったことがありません。ちなみにカフカに例えられる表現者や作品って、要するに「意味がわからん」ってことと同義だと思います。でも残雪の作品を読むと、カフカ以外に似た世界観を持つ作家はいないのではと思ってしまいます。

魂の城 カフカ解読魂の城 カフカ解読
近藤 直子

平凡社 2005-12-06
売り上げランキング : 517703

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


カッコウが鳴くあの一瞬カッコウが鳴くあの一瞬
近藤 直子

河出書房新社 1991-06
売り上げランキング : 782043

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日はウェブサイトの編集ばかりやっていました。「ヤン・サウデック Jan saudek 」「細江英公 」「リチャード・ブローティガン 」「土方巽と暗黒舞踏などの小特集を作成しました。

画像も色々変わっています。ウェブサイトには中井英夫、新書館フォアレディースの本など入荷しました。またご覧ください。

古本買取販売 古書ドリス 美術/文学/映画/音楽/サブカルチャー全般

| 日々の雑記 | 19:15 | - | - | pookmark |
ウェブサイトのカテゴリについて

ウェブサイトのカテゴリを大幅に変更しました。お店に例えれば、本棚から本を一旦全部おろして、並べる場所を変えたようなものです。お店でやると大変な重労働ですが、ウェブショップでは、エクセルを使って一瞬で配置換えを行えます。

シュルレアリスムに関する本と、幻想美術・幻想文学を一番上に置き、当店が主力として集めている分野をわかりやすくしました。

アートのカテゴリに入れていたデザイン本をひとつのカテゴリとして独立させ、さらに「ファッション」「広告とグラフィック」「プロダクトデザインと建築」に分けました。

「アメコミ/BD」をひとつのカテゴリとして独立させました。店にたくさん置いている世界のコミックとバンドデシネも、後々サイトに出していきたいと思います。

さらに、当店で収集に力を入れている作家やアーティストの本を一覧で見られる特集を作成しています。

少しづつ編集を繰り返しながら、もっと情報が整理されたサイトを構築したいと思っています。

最近の新入荷はバックミンスター・フラー、寺山修司など。ウェブサイトをぜひご覧ください。

古本買取販売 古書ドリス アート/文学/音楽/映画

| 日々の雑記 | 23:00 | - | - | pookmark |
会議終了

2月23日は古書組合の会議のため、開店時間が遅れる予定でしたが、会議が早く終わったので、通常通り営業しております。ちなみに、私、今日から徳島県古書組合の理事(広報)になりました。

一応休みの張り紙を出しておいたので、サボってどっか行こうかとも思いましたが、平日昼間に大人の男一人で遊べるところもギャンブル以外ではなかなかないもので、店に戻りました。サラリーマンの皆さんとか、外回り中にサボるときは何をしているのでしょうか?遊びを知らない草食系男の私には、一人遊びといえば壁相手の卓球ぐらいしか思いつきません。名前と社名は言えませんが、実は当店にサボりに来てくれるお客様もいます。車を目立たないところに置いたりして。

普段通らない道を運転していたら、事故で自動車がひっくり返っているのを見ました。運転手は無事なのでしょうか・・・。ちなみに当店正面の道路はコンビニの駐車場に面しており、非常に事故が多く、5〜6回事故車を見たし、事故の瞬間も2回見ています。一度、119番したり、タオルや傘を持っていったりと救助活動に参加したこともあります。当店の駐車場から出るときは、ちょっと危ない時もあるのでお気をつけください。

アート本の新入荷をウェブサイトにたくさん出しています。

古本買取販売 古書ドリス 美術/文学/映画/音楽/サブカルチャー全般

まだまだストックはあります。ぜひご覧ください。買取も歓迎です!

| 日々の雑記 | 12:45 | - | - | pookmark |
お店は新着本大量入荷!東京で買ってきた品物も。
今月、店の新しいチラシが出来上がりました。県内外の色々な場所に置いてもらっています。快く設置していただいた経営者の方々にこの場を借りてお礼申し上げます。

東京でたくさん本屋を見て刺激を受け、自分の店の棚をいじりたくて辛抱たまらんかったので 、今週水曜に大幅に模様替えしました。新入荷本、かなり多いです。

チラシに「ウチの店は素晴らしいですよ」的なことを大げさに書いてしまったので、実際来てがっかりされてはいかんと思い、楽しい店に見えるよう努力しております。まだまだ試行錯誤中です・・・。



東京旅行で買ってきた紙モノ。地図、絵葉書、旅行パンフなど。



東京旅行で買い集めた動物と動物園の本。かなり古い本、絵葉書、洋書絵本など。なぜか好きなのです、動物園の資料が。特にゾウとサイとフラミンゴが好きです。



小説の棚は新入荷も入れてきちんど並べなおしました。色々な作家の本を置くよりも、好きな作家の本をたくさん並べることを重視しました。同じ世界観を持つ作家の本や評論を近くに並べ、音楽評論や絵本でも違和感なければ一緒に置いてしまおう!というコンセプトです。
今は、稲垣足穂、上林暁、吉田健一、矢川澄子、森茉莉、金井美恵子、谷川俊太郎、村上春樹の小説と翻訳小説、柴田正幸の翻訳小説、サリンジャー、ブローティガン、バラード、バロウズ、白水社や河出書房新社の文学シリーズが充実しています。



こちらは種村季弘と魔術の本。博物学の変な本や、サーカスの本、実は女性に人気のエロスの本も並んでいます。



大好きな鹿島茂の本と、これから読みたい海野弘の本。古本関係の本も充実。

リニューアルしてから、新入荷本を積み上げたりすることはやめたので、本が増えたり、店内を模様替えした場合は、かならず大幅に減る本もあるわけです。お客様それぞれに好みは違うので、それが良い変化かどうかはわかりませんが、これだけ言えるのは、前に比べて自分の好きな本や紙モノが充実しています。あくまで個人的な好みですが、好みを優先させることで店の濃度が高くなるように思います。でも必ずしもわかりやすい店にはならないので・・・この点がジレンマです。どこかで思いきらないといけませんね。
| 日々の雑記 | 00:16 | - | - | pookmark |
東京旅行

2月10日より、2泊3日で東京へ行ってきました。
仕事とか仕入れとかではなく、東京の本屋と美術館を見る旅行です。ネット販売を中心にしていると、連休をとるためにはサイトで告知したり、場合によっては出品停止したり何かと大変なので、この機会に楽しみながら本屋の勉強をしてきました。

初日は六本木へ。TSUTAYA六本木店の品ぞろえを見て、魅力的な棚づくりの参考に。それから初めての六本木ヒルズ!森美術館の「医学と芸術」展を鑑賞して、連れの希望で何か有名らしいチョコレートを買いました
それから中野、西荻、吉祥寺の本屋と古本屋を散策。中野ブロードウェイではまんだらけ勢力が一層拡大していることを知りました。
とりあえず約4万円ほど古本を買い、ホテルから徳島に発送。マンガや古い紙モノなど色々買いました。なんとなく昔の動物園に関する本や資料を探していて、吉祥寺「よみた屋」さんで昔の上野動物園のパンフを見つけて即買いしました。

二日目は、午前中に根津美術館に行った後、午後から友人に案内を頼んで青山→中目黒→渋谷の本屋めぐり。ハードスケジュールでしたが、歩き慣れてない場所が多かったので、アート系の本屋に詳しい案内人のおかげで迷わず動くことができました。感謝!最後に行った店は本当に閉店ギリギリだったので、本当にうまく事が運びました。
最初に行った青山「日月堂」は、ある意味今回の旅行で最も楽しみにしていた古書店。雑誌の紹介記事やウェブサイトを見て想像していた通り、モダニズムやバウハウス、プロパガンダデザインの資料など、個人的に欲しい品物が魅力的なディスプレイで並べられています。オーナーの佐藤様に自己紹介して、お話を聞きながら、時間を忘れて買い物に没頭しました。絵ハガキや古地図など紙モノ中心に35000円ほど買い物。自分が古本屋であることも忘れて、こんなに買い物を楽しんだのは六甲の「口笛文庫」以来でしょうか。自分では決して真似できない品ぞろえなので、本当に憧れます。本もいいんですが、紙モノや絵ハガキはやっぱり面白い!
その他、メディアでよく紹介されるおしゃれな本屋や、ナディッフ(原宿時代はよく行きました)、オンサンデーズなどのアート専門店を見学。日月堂で勉強を忘れて楽しみすぎたので、他の場所はなるべく冷静にお店を観察。田舎であまりスタイリッシュすぎる店にしたり、値段を高くするのは考え物ですが、品ぞろえ方針と内装について何かと参考になりました。

最終日の三日目は、もちろん神保町へ。久しぶり。新しい店や施設も増えているようですが、古書店街の風景はやっぱりほとんど変わりません。昔はお金がなくて食べられなかったカレー屋「ボンディ」でビーフカレーを食べました。

20時頃徳島に戻って、今に至るまでひたすら仕事。たっぷり楽しんだので、これからは現実に戻ってひたすら地味な日々です。

3日間の本屋めぐりで少なからず学んだことを、どんな形で自分の店に反映させるか考えていますが、この時期は数字の計算や会議やらで大変そうなので、楽しい仕事は片付けるべき仕事が終わってから。また店のディスプレイや品ぞろえを大きく変えたいと思っています。

| 日々の雑記 | 17:06 | - | - | pookmark |
3日間の臨時休業をいただきます。

2月10日(水)〜2月12日(金)まで、3日間の臨時休業をいただきます。

2月9日(火)以降のご入金確認、ご注文確認、発送手続きについては2月13日(土)以降に随時対応いたします。買い取り依頼等のお問い合わせのお返事は、発送手続き等の対応の後に行いますので、遅くなると14日以降のお返事になるかもしれません。予めご了承ください。

| 日々の雑記 | 16:31 | - | - | pookmark |
ジョエル-ピーター・ウィトキン

ブログでの報告が遅くなりましたが、一人のコレクターの方の蔵書を元に企画した5つの特集の、最後の特集をウェブサイトにアップしました。

第一弾は丸尾末広特集。
先日、目玉商品の、少女椿のみどりちゃんのフィギュアが売れました。珍しい本、貴重な本はほぼ売れており、著者ご本人様にもホームページでご紹介いただいたので、成功と言っていいと思います。

第二弾はトレヴァー・ブラウン 特集。
冊数は少ないものの、現在絶版の珍しい本、サイン本もありました。数冊売れましたが、ラバーゴム製表紙の限定本はまだ残っています。

第三弾は佐伯俊男特集。
こちらも、初期の古い本から、最近の限定本まで色々出しましたが、お客様からのまとめ買いで、新入荷分はほぼ完売しました。

第四弾は釣崎清隆 etc 特集。
釣崎清隆の写真集を、海外版やCD-ROM版も含めて収集。さらにNGギャラリーの本や、戦前のブルータルな死体写真集も出しました。少しづつ、売れそうな気配。代表作「HARDCORE WORKS」は小部数の限定本なのに、何故か当店には何冊も入ってきます。

そして第五弾は、満を持して、
ピーター・ウィトキン 特集。

反社会的でグロテスクな世界観を持つ幾多の過激な表現者の中でも、最も異端であり、グロテスクの頂点を極めたアーティストと言っても過言ではないジョエル=ピーター・ウィトキン。そのスキャンダラスな作品は、常に猛烈な反感と罵倒を浴びせられ、相容れない人々には激しく拒絶されます。しかし、一見悪趣味とも思える、フリークスや身体改造への偏愛からなる異形の世界は、中世絵画のようなマニエリスム的な演出により、普遍的な美学にまで昇華されています。関連性の深い作品集も含め、美術史に名を残す偉大な芸術家の世界観を、偏見を捨ててご覧頂ければ幸いです。

しかし、一人のお客様のコレクションからこれだけ充実した特集ができたことは初めてです。凄い内容の本が目白押しで、どうしたらこの本を最も魅力的に紹介できるかしばらく考えました。そのうち一部は内容が内容だけに、こちらに理解力が欠けていれば、単なる悪趣味に陥ってしまいかねないと考え、一般には理解されにくくとも独自の美学が貫かれていることを表現できるように、ご紹介の文章や、カテゴリ分けに気を遣いました。すでにウィトキンの本もアップ後すぐに数冊売れていますので、少なくない方々に常に当店をチェックしていただいている、理解していただいるということが励みにもなりました。自分の店へに自信を持つことで、買い取りの時や、市場での入札の時に強気で高く本を買える原動力になります。

私事ですが、先週の金曜日、仕事を休んで右下の親知らずを抜歯してきました。近所の歯医者では手に負えないと言われ、大学病院の口腔外科まで早急に行くことになったので、仕方なく一日休みをいただいた次第です。

特集している丸尾末広やトレヴァー・ブラウンの作品には痛覚を刺激する強烈なものも多く(ウィトキンはグロテスクであっても痛みは感じませんね)、そういう作品には見慣れていても、いざ自分が歯を抜くとなると、それはそれはかなりの恐怖です。以前、虫歯の治療中に麻酔が効きにくく、泣くほど痛い経験をしたので、私は歯医者アレルギーなのです。どんなに凄いスプラッター映画よりも、自分自身が小さな傷を負うほうが、よっぽど怖いものですね。

大学病院では、「グボッ!」って感じで歯を引っこ抜いていただきました。先生はちょっと美人の女医さんだったし、心配したほど痛くはなかったのですが、やっぱりご飯は食べにくいし、次の日から今に至るまで発熱状態が続いていますので、聞いていた通り多少苦労しますね。旅行直前じゃなくてよかったです。体調不良につき、メールの対応が遅れたお客様にお詫び申し上げます。

| 日々の雑記 | 18:12 | - | - | pookmark |
1月29日の営業予定について
1月29日は諸事情により開店時間が遅くなるか、お休みとさせていただきます。ご了承ください。

| 日々の雑記 | 20:58 | - | - | pookmark |
1月22日、23日の営業予定について

1月22日(金)は都合により16時頃に閉店予定です。

1月23日(土)はお休みをいただきます。

1月24日(日)より通常営業です。申し訳ありませんが発送手続き、メール対応等遅くなります。できるだけ迅速に対応いたしますので、予めご了承ください。

そろそろブログをJUGEMから別のところに変えようと思っています。トラックバックもコメントもなし、mixiもtwitterも特に利用せず、でも好きなDVDや本については画像付きで紹介したいです。ブログ移転先、迷い中。

先日は松山ケンイチ主演「ウルトラミラクルラブストーリー」鑑賞。自分の実家のまわりにそっくりな風景(海と畑と子供と変な人がいたりします)、スケール小さめのマジック・リアリスム的な不思議なストーリーなど・・・とにかく猛烈に気に入りました。「ジャーマン+雨」も3回観てます。横浜聡子という、内省的な主人公に否定的な、年齢が近くて才能のある映画監督に出会えたことがうれしく、次回作が楽しみです。

ウルトラミラクルラブストーリー [DVD] ウルトラミラクルラブストーリー [DVD]

VAP,INC(VAP)(D) 2009-11-27
売り上げランキング : 1184

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジャーマン+雨 [DVD] ジャーマン+雨 [DVD]

VAP,INC(VAP)(D) 2009-05-22
売り上げランキング : 46086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ウェブサイトでは、特集第4弾。死体写真家、釣崎清隆を特集中。
釣崎清隆 etc

さらに関連する本(どんな本かはご想像の通りかと)もたくさんアップしました。残す特集はあとひとつ。コレクションをお売りいただいたお客様のおかげで、ずいぶんと濃密な品揃えになりました。極めつけの第5弾特集の後は、また当店のイメージを左右するような魅力的なラインナップの買取に期待しつつ、面白い本を求めてなるべく市場にも行きながら、仕事に励みたいと思います。
| 日々の雑記 | 00:24 | - | - | pookmark |
ディスプレイ変更画像/チラシ作製中

先日、お店の本の並べ方をまた変えました。場所をとっていた雑誌や展覧会図録を、市場出品用やネット限定の販売に分け、大量に倉庫移動したので、スペースに余裕が生まれました。


藤原新也と旅コーナー 文庫、写真集、ハードカバー単行本、インド旅行記やチベット密教、曼荼羅の本など。



テーブル上をシンプルに。



植物はplus gardens shopで作っていただいたオリジナル品。


ある意味定番!現代猟奇劣端図鑑。


アメコミやバンドデシネ。


面出し本も変更。

他にもエロティカ・アートの本、人形の本を集めたディスプレイもあります。

ディスプレイの腕を上げたいです。2月の東京行きが決定したので、メディアによく出ている書店を中心に他店の棚をたくさん見て、アイデアを吸収して帰りたいと思います。予定では西荻窪〜吉祥寺、青山〜恵比寿のコースを決めて、最後は神保町を巡りたいです。高円寺の昔のバイト先にでも行ってみようかな・・・?

| 日々の雑記 | 20:41 | - | - | pookmark |
<< | 2/29PAGES | >>